1. サイトマップ
  2. お問い合わせ
  3. Q&A(お役立ちコンテンツ)
  4. MAP
  5. 代表 山本のプロフィール
  6. 会社概要
>
任意売却を賢く選択しよう

 

だんらん住宅株式会社

〒530-0041

大阪府大阪市北区天神橋3-2-28

TEL:06-6354-2001

FAX:06-6354-2003

MAIL:info@danran-j.jp

営業時間:9:30〜17:00

定休日:水曜日

任意売却を賢く選択しよう

 家を売却する際の一つの手段である任意売却。家を売却するという行為は同じでも、売却に至るまでの流れは様々です。任意売却の手段を知っておくと、抱えている問題のより良い対処法が見えてくるかもしれません。

 

任意売却とは

任意売却は、売却代金から経費を控除した金額を借入金の返済に充てて、抵当権を解除して売却する方法です。任意売買と呼ばれることもありますが、任意売却が正式名称です。略して任売とも呼ばれます。名称の通り「任意で売る」という意味ですが、通常は債務超過状態の不動産を売却する場合に使われます。

債務超過状態というのは、家が売れる金額よりも住宅ローンの残額が高い状態です。
 手持ち金でのローン返済が難しい場合は、任意売却を選択できます。全額返済しなければならないところを一部しか返済せず、不動産を売却するため、債権者(借り入れている銀行など)からの同意が必要になります。

 

債権者が任意売却に応じてくれるのは何故?

ローンに苦しむ債務者にとって大きなメリットがあるため、債務者が任意売却を希望することは容易に理解できる一方、任意売却に同意する債権者が多いことに疑問を抱かれている方もいらっしゃると思います。これは、債務者が任意売却を利用すると、債権者にもメリットがあることが関係しています。

当然ながら、お金を貸している債権者はローンの全額返済を望んでいます。仮に債務者が病気になり収入がなくなると、そのうちローンの返済が滞るようになります。

これは、債権者にとって大きな痛手です。ローンの残りを回収する手段に競売がありますが、競売物件は普通の物件よりもかなり安い価格でしか売ることができません。さらに、裁判所への申し立てに費用がかかることから、できる限り競売を避けたいと考える債権者も多いのです。

 

任意売却の注意点

生活再建の有効な手段となる任意売却ですが、状況によっては任意売却が利用できない場合もあります。任意売却を利用する上でタイミングは、大きなポイントになります。任意売却可能期間はおおよそ決まっており、裁判による競売が開始される頃には手遅れとなることもあります。

販売価格の設定や債権者との交渉も必要になるため、準備に余裕が生まれることはないと考えましょう。タイミングを逃して利用できないということにならないためにも、任意売却の決断、決断後の行動は早めが肝心だと言えます。

 

 

  • 大阪市でマンション売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
     当社では、売主様にとってより良い条件でマンション売却を行うための仕組みを整えております。中古物件の査定をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

    住宅ローンの返済に関するご相談にも親身に対応いたします。売却物件も募集しておりますので、マンション売却をお考えの方はぜひ、当社をご利用ください。