大阪で不動産をご売却の際は、大阪唯一の不動産セラーズエージェント【 売主様の味方 】 にお任せください。
他社には出来ない様々な付加価値サービス(=売却の武器)を駆使して、売主様の物件を有利・高額に売却することが可能です。

>
>
不動産産業の仕組み

不動産産業の仕組み

不動産を売却したい方(売主)は先ず、不動産会社に価格を査定してもらい、売り出し価格を決定します。その際、売主は「私の不動産をあなたの会社を通して売却してください」と依頼し、不動産会社は「売却を引き受けました」という契約を締結します。

それを「媒介契約」といいます。

 

「媒介契約」は3種類あります。

1種類目「専属専任媒介契約」

これは、一社にしか売却の依頼ができず、売主が自ら買主を見つけた場合でも手数料が必要となります。

 

2種類目「専任媒介契約」

 一社にしか売却の依頼ができず、売主が自ら買主を見つけた場合は手数料が不要となります。

 

3種類目「一般媒介契約」

 売却の依頼は複数社に依頼ができます。

 

「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」の特徴

売主と「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」を締結した不動産業者は、その地域の全ての不動産会社が加入している「指定流通機構(レインズ)」に一定期間内に物件情報を登録しなければならない義務を負います。

これは、売り物件情報を他の不動産会社に公開することによって「物件売買の正確かつ迅速な成立と、依頼者の利益増進を図ることを目的」としたシステムで、買主を他の不動産業者にも探してもらうという仕組みになっています。