大阪で不動産をご売却の際は、大阪唯一の不動産セラーズエージェント【 売主様の味方 】 だんらん住宅にお任せください。
他社には出来ない様々な付加価値サービス(=売却の武器)を駆使して、売主様の物件を有利・高額に売却することが可能です。

>
不動産売却にかかる諸費用について

不動産売却にかかる諸費用について

 不動産売却では、売却に伴って支払わなければならない費用が存在しています。
 売却時に慌てないためにも、売却にかかる主な費用について理解しておくことは大切です。

 

仲介手数料(売買契約にかかる法定手数料)


不動産の仲介売却を行う時に、売却者から不動産会社へ支払われる手数料です。仲介手数料を支払うタイミングは売買契約時や残金決済時(物件引き渡し時)など、不動産会社によって異なります。

そのため、仲介手数料の支払い時期は、契約前に確認しておくことをおすすめします。法律で定められているのは上限報酬であるため、交渉次第で値引きしてもらえるケースもあります。

当社では、仲介手数料不要での売却が可能です。

 

抵当権抹消費用

土地や物件を担保に金融機関などから融資を受け取る場合、債権者(銀行など)に抵当権などの権利が設定されていることがあります。抵当権とは、万が一融資金の返済ができなくなった時に、担保としていた土地や物件を債権者が取り上げることができる権利です。

返済しない場合に行使する権利であるため、融資金の返済を完了したら、抵当権を抹消する必要があります。融資金を完済していても抹消手続きを行わなければ、担保とした土地や物件に抵当権は設定されたままになります。

不動産の売却を行う際は買い手に引き渡す前に、物件に設定されている所有権以外の権利を抹消する必要があります。そのため、売却する物件に抵当権が設定されている場合、抹消費用を支払います。

 

印紙代

不動産売買契約書には、契約金額に応じた収入印紙の貼付が印紙税法によって定められています。所定の印紙を貼りつけて消印することで、税金を納めたことになります。印紙は契約書原本に貼付するため、契約書の作成数は不動産会社へ事前に確認しておくと安心です。

印紙税の支払い義務者が納付すべき印紙税を納付していない場合や、印紙に所定の消印が押されていない場合、過怠税制度によって課税されてしまいます。決められた期日に支払い、支払い後は消印が押されていることを確認することが大切です。

 

  • 大阪市にある当社では、不動産買取を行っています。不動産買取の場合、お渡し時期をはじめ、その他の条件もご相談いただけますので、ご希望がございましたら、お気軽にお申し付けください。不動産買取が難しい場合は、仲介による売却のご相談も可能です。

    マンションや中古の戸建物件、ビル、土地などの売却予定がございましたら、ぜひ当社をご活用ください。