大阪で不動産をご売却の際は、大阪唯一の不動産セラーズエージェント【 売主様の味方 】 だんらん住宅にお任せください。
他社には出来ない様々な付加価値サービス(=売却の武器)を駆使して、売主様の物件を有利・高額に売却することが可能です。

>
不動産売却時に必要な書類

不動産売却時に必要な書類

マンション買取を利用して物件を売却する場合は、事前に必要書類を集めておくことで、売却手続きをスムーズに進められます。こちらでは不動産売却時に必要な書類についてご紹介します。

基礎知識として身につけておくと、納得できる状態で物件を手放すことができるかもしれません。
物件の査定や売却をご検討されている方はぜひご参考ください。

 

書類の準備はお早めに

不動産を売却する場合、たくさんある手続きをリズム良くこなさなければ、物件を手放すチャンスを逃してしまう可能性があります。

必要となる書類の中には、入手するまでに時間がかかってしまうものや、有効期限が決められているものもあります。余裕を持って売却するためには、事前に準備しておくことをおすすめします。

 

必要な書類とは?

不動産売却時に必要な書類は物件の種類によって異なることもありますが、大きく分けると売主・権利・建物に関する書類が必要です。売主本人の確認書類では、不動産を売却する際に売主本人であることを確認できる身分証明書、印鑑証明書(実印)、住民票が必要です。

印鑑証明書と住民票には有効期限があるため、発行されてから3ヶ月以内のものを用意することがポイントとなります。物件の名義が共有名義となっている場合は、代表者だけの書類を準備するのではなく、共有者すべての書類を準備する必要があるので注意しましょう。

権利書・建物に関する書類は、法務局から交付される登記済権利書、固定資産税納税通知書、耐震診断報告書などの書類を指します。平成17年以降に物件を取得された方の場合、登記済権利書ではなく登記識別情報が発行されている場合があります。このような場合はどちらかを準備しておくと良いです。

 

  • 大阪府大阪市周辺でマンション買取をご検討されている方は、大阪市阿倍野区にある当社にご相談ください。当社では有利・高額での売却が可能です。直接買取や保証付仲介、任意売却までお客様をサポートさせて頂きます。

    自社ローンも取り扱っていますので、ローンに関するお悩みをお持ちの方もお気軽にご相談ください。